プロフィール

ごあいさつ

はじめまして! すふる整体院の吉竹です。
いきいきと人生を謳歌する女性が多くなるほど、世の中が元気で明るく穏やかになると信じています。
だからこそ、私は整体という仕事を通して、世の中の女性の心とからだの健康のお役に立ちたいと思っています。
どうしても出口が見えなくて不安な状況でも必ずあなたの為の希望の光はあります。
あなたにふさわしい出口はあります!
あなたにふさわしい出口まで一緒に歩いていきましょう♪お供いたします!!

 

 

  プロフィール

1975年9月生まれです。
兵庫の田舎で育ちました。
趣味:物事の根本原因を探ること・身体の使い方の研究・観劇・モノ作り・読書(漫画含む)

 

 

  吉竹の歴史

◆前半◆山の向こうにどんな世界が広がっているんだろう?って想像してわくわくする子供でした

 

●幼稚園時代、忍者にあこがれ、日々走ったり崖を登ったりと鍛錬に励む
この頃の自主練習がよかったのか、年齢の割には、今でもからだを動かせるほうだとおもいます。

 

●小学生時代、文集に書いた将来の夢は「世界旅行をして その体験を本にして手にした印税で再び旅行をする そうやって人生を終える 人生は旅だ」 
堅実な人生を望む親の期待をこの頃から裏切ってます。出張整体というのも移動が多いので小旅行みたいなものですし、夢を叶えてるのかもしれません。

 

●雑誌で気功を知り、試しに実践してみたら案外簡単に気を感じることができるようになる
手から気の出し入れをするのがマイブームになる。ある意味今も続行中 です。すふる整体院では全ての手技に気功を取り入れています。

●小学4年生ころからアトピー性皮膚炎と重度のアレルギー性鼻炎になり、更に、中学になると日常生活を送るのが辛い生理痛に悩まされる

アトピーも生理痛も辛いですが、一年中鼻水が出続けるのは本当に辛かった・・・・一年中花粉症がでているみたいなものですからね・・・・・

 

◆後半◆ 人との出会いによって人生は思いもよらない方向に進みます。

 

●1996年その頃の日本ではほぼ無名のアロマテラピーに出会う 
アロマテラピーの会社を立ち上げた方と縁があり、そのアロマテラピーの店でアロマテラピストとして働きはじめました。 そこで出会った上司には公私ともに本当にお世話になりました。今でも気にかけてくださり、一生頭があがらないと思います。ここで、人のからだに直にふれることの基本を教えていただきました。

 

●自分でもアロマテラピーを使うことで徐々にアトピーと鼻炎がおさまる
今現在は、あのころがウソだったような感じです。仕事柄、 鼻炎とアトピーの方の気持ちがわかるという事は意義深いですが、もう二度とあんな思いはしたくないです!だからこそ、同じく鼻炎・アトピー・生理痛で辛い思いをされている方のお役に立ちたいという思いは強いです。

 

●オステオパシー療法と出会い衝撃をうける
お客さんにもですが自分の生理痛にもっと直接的にアプローチすることができないかという思いが出てきた時に、たまたまオステオパシー療法の子宮マニピュレーションを見学する機会がありました。
本当に衝撃の出会いって「これだ!」って心の声と電気みたいなのが走るんですよ!
ということで、気がついたらオステオパシーを学べる学校に入学していました。

 

●日本整体心理学研究所に入学
この学校でオステオパシー・中国整体・カイロプラクティック・心理学・基礎医学(生理学・解剖学・内科学)を学びました。 お医者さんが使っている教科書で基礎医学を叩きこまれるように勉強できたのは大きな財産です。 実技も多い学校だったので、人の体で遠慮なく練習できたし(たくさん練習モデルにもなりましたが・・・)、大阪の病院の解剖実習にも参加させて頂き、今の整体技術の基礎つくりの2年間でした。

 

●学校の講師をされていた方から気功を学び始める
師匠との出会いです。 師匠との出会いがなければ、揉むのがうまいただの整体師になっていたと思います。気功や手技を学ぶというより、整体哲学を学んでいるという感じです。

 

●長年の悩みだった生理痛は整体によって改善
生理痛がなければ整体を志すこともなかっただろうと思うと、生理痛は辛かったですが恩人(?)でもありますね。生理痛を通して、精神とからだの関係など色々学べました。この経験は私の財産です。

 

◆現在◆

 

●すふる整体院
卒業後は整骨院で働いたりしましたが自分が思うホンモノの整体をしたいと思い、 すふる整体院をはじめました。偶然や人との出会いに導かれるように、気がつくと整体師になっていました。
いまでは整体師が天職だと思っています。
整体の神様がいるとしたら、「YOUやってみなよ、むいているから!」と声をかけてもらったんだと思ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>